TOEICで得点を取るコツ、教えます

TOEICの聞き取り対策には音読

TOEICの聞き取り対策には音読 TOEICの聞き取り対策には音読をすると良いです。
TOEICの過去問や対策本を購入し、問題文や解答文の英文の音を聞いて、同じように発音できるようにすると良いのです。
音読の他にリピーティングやシャドーイング、オーバーラッピング等をするとさらに上達しやすくなります。
また、音読練習をした英文を何度も何度も聞くことも大切です。
毎日3時間位は聞いた方が良いです。
毎日3時間なんて無理だと思うかも知れませんが、通勤や通学時間の間に聞いて、昼休みや移動時間などにも聞けば、毎日3時間聞くこともできると思います。
正しく速く、リラックスして練習するようにすることも大切です。
英文を覚えて、英文の音も覚えていくことが望ましいです。
理解も間に合っていなければなりません。
さもなければ聞き取れるのに意味が分からない状態になってしまい、聞き取れることが無駄になってしまうからです。
理解には高校までの英語力が必要になりますが、それほど高いレベルは必要がありません。

TOEICにおける復習の必要性

TOEICは近年人気の、英語力を測るテストです。
自分の実力を測るのに使うもよし、会社の就職活動で英語力をアピールするために使うもよし、です。
書店にいけば、英語学習の本棚には、TOEIC関係の書籍が上から下までずらーっと並んでいます。
高得点を取るためには、こういう本を買って学習することが必要ですが、どんな本を買うのがいいのでしょうか。
答えは、一言でいうと「どれでもいい」です。
英語に限らず、学習したことを身に付けるのに一番重要なことは、いい本を選ぶことではありません。
いい本であれば少しはいいのかもしれませんが、それ以上に重要なことがあります。
それは、「復習」です。
英語に限ったことではありませんが、復習こそ、自分が勉強したことを身に付ける最善の方法なのです。
あることを一度だけ勉強したとします。
人はだれでも、時間がたてばそれを忘れてしまいます。
それを防ぐのが復習なのです。
忘れて覚えて忘れて覚えてというサイクルが多い人が勝つのです。

check

スチール棚

2018/12/20 更新

Copyright © 2015 English Jam! all rights reserved.