TOEICに有効期限があるのか

TOEICを受けるなら対策講座がおすすめ

TOEICに有効期限があるのか 自分の趣味や、就職、転職などに生かすため、TOEICテストを受けるという人は多いでしょう。
英語力を客観的に判断してもらえるTOEICには出題パターンがあるため、テストを受ける前には対策講座を受けて準備をすると高得点が狙えるでしょう。
大きく分類すると、対策講座ではリスニング対策とリーディング対策の二つに分けられます。特にリスニング問題はそれほど難しい単語や熟語は使われず、出題問題には一定のパターンがあるため、対策講座を受けておくと安心です。
リーディング問題も長文や穴埋め問題などがあり、過去の出題問題を重点的に学習しておけば高得点が見込めるため、TOEICの前にはテスト対策を万全に行っておくと良いでしょう。
TOEICの点数によって内定や給与アップなどが見込めるケースは多いため、英語力を仕事や趣味に生かしたいと考えている人は一度テストを受けてみると良いでしょう。 学生から社会人まで、幅広い人たちが利用しています。

TOEICに有効期限があるのか

TOEICに有効期限があるようだと噂になっており、実際どうなのか受けたことがない方は心配な思いを抱いている方が多いです。 そのような噂があるため、他の英語の試験を受けた方が良いのではないかと悩まれるかたもいらっしゃいますが、実際のところは、TOEICに有効期限は存在しません。
しかしながら、スコアレポートと公式認定証の再発行については、期限があります。
試験のスコアレポートを紛失してしまった場合、TOEICの協会本部に、スコアレポートの再発行をお願いできるのは、採点日の翌年の4月1日から2年間までとされています。
公式認定証の再発行については、試験日から2年以内となっており、これらの期限がある事は知っておく必要があります。 ですので、TOEICを何度も受けなおさなくては、履歴書などにいつまでもスコアを記入できないかもしれないという心配はありませんが、再発行が2年でできなくなってしまうと、証明するものがなくなってしまい、結果として試験を受けなおすことになってしまいますので、紛失だけはしないよう、気を付ける必要があります。

pickup

板橋区で動物病院を探す

最終更新日:2018/4/26

Copyright © 2015 English Jam! all rights reserved.