TOEICで得点を取るコツ、教えます

TOEICの難易度について

TOEICの難易度について TOEICに挑戦する人がよく抱く疑問が、「難易度はどのくらいなのか」という物です。
結論からいうと、それほど高くはありません。
TOEICには、合格不合格という概念はなく、点数でのみ英語力を評価します。
そして、全員が同じ問題を解きます。
英検のように、級によって問題が違うということはありません。
その理由は、あらゆる人の英語力を正確に測るためです。
上級者向けに難しい問題ばかり出されては、初心者の英語力を正確に測れません。
反対に、簡単な問題ばかり出されても、今度は上級者の英語力が正確に測れません。
ですから、適度なレベルに調整された問題が出されます。
英検でいうと、2~準1級と同じくらいなので、3級レベルの人が受ければ難しいと感じますし、1級レベルの人が受ければ簡単に感じます。
つまり、自分のレベルが上がれば、相対的に難易度が下がるということです。
ですから、何度も挑戦して行けば、誰でも高得点を取るのが可能な試験です。

TOEICのヒアリング問題の解き方について

TOEIC試験は、受験や就職、転職などに有利に働くため、良い点数を獲得しておきたいものです。
ですが、高得点を取ることは、英語上級者であっても難しく、問題を効率的に解くコツがあると言われています。
そこで、知っておきたいTOEIC対策について紹介していきます。
TOEICは、ヒアリング問題と文法問題、長文読解などから構成されています。
中でも特に重要なのが、ヒアリング問題の解き方です。
まず、ヒアリングの最初の問題は、写真を参照にします。
その際、事前に写真に目を通しておき、問題になりそうな事柄を予測しておきます。
特に、人や物が写真に写っている時には、その数や状態をきちんと理解しておくことが重要です。
そして、その次にヒアリング問題は、設問だけがプリントされています。
そのため、情景を話の内容から正しく理解する能力が求められています。
この問題を解く際には、問題が流される前に、設問を読んでおきます。
その時、話のテーマをきちんと把握しておくことで、正しい答えを導けるようになります。

注目サイト


狭小住宅 ハウスメーカー

Last update:2019/4/26

Copyright © 2015 English Jam! all rights reserved.