TOEICで得点を取るコツ、教えます

TOEICのテクニックで特に必要な2つのこと

TOEICのテクニックで特に必要な2つのこと TOEICのテクニックには特に必要なことが2つあります。
まず一つは素早く問題に解答するテクニックです。
TOEICは問題の数が多いので、ゆっくり解答していたら最後まで問題を終わらせることができず、点数が悪くなってしまいます。
素早く問題に解答するには慣れが必要です。
最初は解答に時間がかかっても、何回も練習したら早く解答できるようになります。
制限時間を決めて、時計を見ながら解答しましょう。
問題集は過去問が良いです。
もう一つのテクニックは、日本語に訳さないで英語を理解して技術です。
問題文を日本語に訳していたら、解答のスピードが落ちてしまいます。
英語を英語のまま聞いたり読んだりして、意味が把握できるようにしましょう。
これができるようになるにはある程度の時間が必要です。
音読を繰り返せば、英語を英語のまま理解できるようになります。
音読している間には、日本語で考えることができないので、自然と英語で考えるようになります。

TOEICの配点について

就職活動に有利な資格として、TOEICを受けようと考えている方は多いと思います。
就職活動以外でも、さまざまな局面でTOEICの点数は資格として役に立つと言えます。
今回は、その配点について説明します。
まず、TOEICは、1問何点と言った点数の決め方をしているわけではありません。
母集団全体のデータと照らし合わせて、相対評価で点数が決まっているのです。
この方法により、問題の難易度変化により点数が変わることがありません。
従来の、TOEICの配点は、リスニング495点、リーディング495点の合計990点となっています。
しかし、近年のスピーキング、ライティング能力を重視する風潮に合わせて、それらの能力をはかる試験を加えたものも出てきています。
とりあえずは、現在多く流通しているものでは、先ほど書いたようにリスニングとリーディングの合計で点数を決めるものであり、こちらを覚えておけば十分であると考えられます。

おすすめWEBサイト 5選

遺品整理の依頼を神戸で探す

2018/6/22 更新

Copyright © 2015 English Jam! all rights reserved.