TOEICで得点を取るコツ、教えます

TOEIC試験を独学するには

TOEIC試験を独学するには 今や就職の際には必ず取っておきたい英語の資格であるTOEICですが、学校に通ったり通信教育で学んだりしなくても、独学で高得点が狙える英語の試験なのです。
TOEICはざっくり分けると、リスニング、文法、リーディングに分かれています。
まずリスニングですが、普段から英語を聞くことに慣れておくのが大事です。
テレビやラジオの講座から映画まで、流して聞いていられる英語はたくさんあります。
英語に抵抗がなくなってきたら、聞くだけでなく理解が出来るように、短い英会話がたくさん録音された、市販の英会話本を使って勉強すると良いでしょう。
TOEICに出題されるリーディングは、企業からの通知や、メール文章など、身近に使われている実際的な英語ばかりです。
英語の物語などを読んでも勉強にならないので、問題集を選ぶ時は注意しましょう。
文法問題は、日本語で書かれた中学と高校の問題集をおさらいすれば大丈夫です。
出題される問題は英語で書かれていますが、リーディング問題を勉強する時に英語を見る/読むことに慣れるので、試験の時に慌てることはないでしょう。

TOEICの長文を読むためには

TOEICの対策で大切なことは、長文をどれだけ読むことができるか、ということです。
TOEICの中でも多くの時間を取られてしまう部分であるために、最後まで読み切ることができなければ、スコアを向上させることができなくなってしまいます。
TOEICの長文の特徴としては、難問はそれほど多く出題されない、ということです。
ゆっくりと問題を読むことができれば、多くの問題はそれほど解くことに苦労はしません。
そのため、問題自体の難易度は高くないのです。
しかしスコアの向上の障害となるのは、問題の量です。
文章が多いために、これを制限時間内に全てを解くためには、対策が必要となります。
これがスコアの向上の壁となるのです。
そのため、TOEICの長文対策で行うことは、文章をすらすらと読めるような訓練を行う、ということです。
返り読みをしなかったり、いちいち和訳をしない、ということが大切です。
この能力を身につけるためには、毎日文章を音読をする、ということを継続して行う必要があります。

Valuable information

監視カメラの購入

最終更新日:2018/4/26

Copyright © 2015 English Jam! all rights reserved.